生活習慣で耳鳴りの症状についてのページです。

生活習慣で耳鳴りの症状

一時的に耳鳴りになった経験はみなさんあると思います。
電車や車に乗っていてトンネルに入ると耳がツーンとしたり、キーンとなったりと、気圧の変化で一時的に耳鳴りがおこることは記憶されていますから、「耳鳴りが来るな」と構えますよね。
しかし、日常の音の圧力によって耳が障害をおこすということにはあまり注意を払っていないように思います。
仕事柄音の大きい場所で勤務する人は耳栓をするなどの対策をしますが、ヘッドホンを付けたまま音楽を長時間聞く、携帯電話を長時間かける。これらによっても音響障害と呼ばれる耳鳴りの症状がおこることがあります。

無理なダイエットでも耳鳴りの症状がおこります。
やせすぎると、脂肪が減りますね。耳のまわりの脂肪も少なくなって耳の機能が正しく働かず、ぽこぽこといった音が聞こえたりする人もいます。
体重を増やすと症状はなくなります。急なやせ方は他の悪影響も出ますし、無理をしてはいけませんね。

度数の合わないメガネやコンタクトをしていても、耳鳴りの症状につながります。
目が疲れやすくなるためにおこるもので、頭痛や肩こり、めまいもおこしやすくなります。
視力の変化に合わせてレンズを交換すると改善されます。

このページの先頭へ


耳鳴りの原因 ストレスを解消する整体院