異常がないと言われる耳鳴りについてのページです。

異常がないと言われる耳鳴り

病院で調べてもらっても悪い箇所など症状のでる理由が耳や脳、体などから見つからないことがあります。
病気の症状と同じに音がするのに異常がないと言われて、そんなはずはないと思われるかたもいるでしょう。

自律神経失調症

自律神経の働きが乱れてバランスを取っていられなくなり、体のあちこちが不快な状態になります。
そのうちの一つが耳鳴りです。社会環境から受ける過剰なストレスが、心身にかかっておこるとされています。
耳鳴りのほかにめまい、頭痛、倦怠感などかなり複数の症状がでます。
また女性に多いと言われている更年期障害も自律神経失調症が出やすいのです。
自律神経失調症が疑われた時は自律神経機能検査をします。

生活の中の耳鳴り

自律神経機能検査をしてもわからないときには、精神的なストレス、心理的な圧迫を受けることによっておこる耳鳴りで、心因性の症状です。
強いストレスによって脳の働きに負担がかかり不快な症状をおこします。
職場や家庭環境も原因になりますが、本人の性格によるところも大きかったりします。
几帳面。まじめ。タバコやお酒を飲まない。中間管理職などといった系統の人がストレスをため込みやすいようです。
ストレスをためていることを自覚していない人もいます。 責任感や競争心といった強い思いにとらわれて、体が食べたい、休みたいというときでも気づかずに過ごしてしまうのです。 精神的、肉体的に負担がかかってますよね。

調べても具体的に体に悪い箇所がないということは、とりあえず身の危険はないわけです。
これで直接体を痛めることはないですね。実は病院を訪ねる患者さんの半分近くはこういった、体に異常の見つからない人なのです。


耳鳴りの原因 ストレスを解消する整体院